アトピーは体質改善で治せる

特に大人になってから発症するアトピーは体質が原因であることが多いです。
例えば欧米食中心の生活、生活リズムの崩れ、睡眠不足、タバコ、アルコールの摂取などです。欧米食中心の食事はたんぱく質が多く、食物繊維やビタミン、ミネラルの不足を引き起こします。
食物繊維が不足すると体内に老廃物が溜まり、消化力が衰え、腸内環境が悪化します。
またビタミンやミネラルの不足により、基礎代謝の低下を引き起こしてしまいます。
アトピーや花粉症、喘息は腸内環境の悪化によって発症するといっても過言ではありません。
高たんぱくな食事は大量の善玉菌が死滅し、悪玉菌優位の腸内を作り上げてしまいます。
また体内に活性酸素を発生させてしまうので、アトピーなどの皮膚症状を悪化させます。
活性酸素は老化の原因ともいわれ、とくに遺伝的にSODの量が少ない人はアトピーを発症させる原因ともなり得ます。
活性酸素は体内で過酸化脂質という物質を作るのですが、過酸化脂質は皮膚の保湿機能を低下させるといわれています。
人間は成長とともに水分含有量は低下の傾向にあるのですが、過酸化脂質の影響により、その速度は上昇していきます。
生活習慣を改めることがアトピーの改善には功を奏します。
高たんぱくな食事を控え、魚や野菜中心の食事に切り替えましょう。
野菜は食物繊維の他にビタミン、ミネラルが豊富です。
また魚に含まれるEPAは体内のアラキドン酸の量を減らし、アトピーの炎症やかゆみを抑える効果があります。
睡眠不足やタバコ、アルコールの摂取も控えましょう。
睡眠不足は自律神経のバランスを崩し、免疫力を低下させます。
タバコも体内に活性酸素を発生させますし、大量の酵素を消費しますから、百害あって一利なしです。
こちらにアトピーは青汁で改善すると書かれていますので参考にしてください。