ステロイド剤の副作用

ステロイド剤と聞くと拒否反応を起こしてしまう方も多いのではないでしょうか。
ステロイド剤はなるべく服用したくないという方が多いのは、その副作用に原因があります。
しかしステロイド剤はアトピーの治療によく処方されるもので、薬である以上ある程度の副作用はやむを得ません。
しかし副作用が出るのはある一定の条件が揃ったときであり、医師の指示に従って服用し、少しずつでも服用を減らしていかなければなりません。
くれぐれも自分の判断で服用をやめたり、あるいは量を多くしたり少なくしたりしない方がよいでしょう。
ではステロイド剤の副作用とはどんなものがあるのでしょうか。
ステロイド剤は免疫を抑制する効果があります。
免疫抑制効果と抗炎症作用により、過剰なアレルギー反応を抑えてアトピーの症状を和らげるのですが、あまりに長期にわたって免疫を抑制すると、本来人間が持っている免疫力を弱めてしまう可能性があります。
そのため感染症にかかるリスクも起きてきます。
ウィルスや細菌などに対する対抗力が衰えるとヘルペスやインフルエンザ、肺炎などを発症するリスクも高まるので注意が必要です。
また皮膚萎縮や毛細血管拡張といった症状も出てきます。
これは皮膚が薄くなって透けるようになったり、毛細血管が浮き出て見えるようになる症状です。
また傷の治癒が遅くなったり、ニキビ、多毛といった症状が出る方もいます。
これらはいずれもステロイド剤も長期服用による影響ですので、医師の適切な指示を仰ぐようにしましょう。