アトピー肌は清潔が大切

アトピーの人の肌はアルカリ性である傾向があります。
普通の人の皮膚は弱酸性になっているのですが、皮膚の善玉菌が少ないといわれるアトピー肌は弱酸性を保つことが出来ません。
その結果、細菌や雑菌が繁殖しやすい環境であるアルカリ性になってしまいます。
また乾燥しているお肌は刺激に弱く、かゆくて引っ掻いてしまうと皮膚が傷ついて浸出液(リンパ液)といわれるジュクジュクとした体液が流れ出します。
そうすると雑菌はさらに繁殖し、飛び火といって他の部位にも炎症が移転してしまう症状になります。
そのためアトピー肌は常に清潔にしておく必要があります。
夏場などの汗のかきやすい季節は1,2回シャワーを浴びることをおすすめします。
その際に使用する石鹸やボディーソープも低刺激なものを選ぶようにしましょう。
刺激の強い石鹸は皮脂まで洗い流してしまうため、皮膚が乾燥しやすくなります。
また熱いお湯も乾燥肌になりやすいので避けてください。
乾燥した皮膚は保護機能が上手く働かず、細菌やアレルゲンを容易に侵入させてしまうため、入浴後の保湿は欠かせません。
それから強酸性水で皮膚の殺菌をするというのも効果があります。
強酸性水は雑菌やウィルスを死滅させることが出来ます。
雑菌やウィルスを死滅させるというと恐ろしい印象を受けますが、水と塩を電気分解して作られているので、飲んでも被害はありません。
ただし下痢をするなどの恐れがあります。
強酸性水で皮膚を殺菌すると、雑菌やウィルスが生育することのできない環境になるのです。人間の皮膚は常に雑菌やカビがいるといっても過言ではありません。
特に抵抗力のないアトピー肌の場合は、殺菌や入浴などを行って清潔な状態を保つことで雑菌の繁殖を抑えることが出来ます。