アトピーに温泉は効果ある?

温泉湯池、温泉療法という言葉も聞かれるほど、温泉というのはさまざまな効能があります。
アトピーに使われるのは主にステロイドなどの薬ですが、根本的な治療にはならず、一時的にかゆみを抑える程度のものです。

温泉は美容にもよく、皮膚になんらかのトラブルを抱えている方の体質を根本から改善させるほか、副作用もなく、昔から日本人に愛用されている治療法です。
アトピーの人の肌はアルカリ性であることが多く、黄色ブドウ球菌などの細菌が繁殖しやすい環境となっています。

そこで酸性泉などの温泉に入ると細菌が繁殖できないため、症状の緩和に役立ちます。
もちろんアトピー肌は非常に敏感なので、刺激が強いという人は様子を見た方がよいでしょうが、殺菌効果は抜群です。

温泉の泉質にも単純泉、硫酸塩泉、酸性泉、炭酸水素泉など色々ありますから、ご自分で実際に浸かって試してみるとよいでしょう。
酸性泉がダメという人は単純泉が比較的誰にでもなじみやすく、効能も幅広いのでおすすめです。

またお湯の温度も非常に重要です。
あまり温度の高い温泉は刺激が強く、お肌を乾燥させるので注意が必要です。

温めの温泉に長時間入ると、デトックス効果もあり代謝を良好にするので、アトピーも改善するかもしれません。
即効性はありませんが、体質から変えていくという意味で、安全かつ効果の高い治療法といえるでしょう。