アトピーの入浴法

アトピーにお悩みの方は入浴法にも一工夫が必要です。
まず患部を清潔にすること。特に浸出液などの体液が出ている場合はとびひの危険がありますから、石鹸を使って固まった浸出液を取り除くことが大切です。
もちろん汚れも落とします。また湯船につかり体を温めます。
この際にあまり温度の高いお湯につかると皮膚が乾燥しやすくなるので、注意してください。
湯船につかると汗もかきます。汗はデトックス効果といわれ、体の老廃物を排出してくれる効果があります。
アトピーは皮膚代謝が低下しており、汗をかきにくくなっている人が多いです。
つまり汗をかくことで皮膚の温度調節が上手に出来なくなっているのです。
また塩素ですが、可能なら取り除いた方がよいでしょう。
シャンプーはアミノ酸系の無添加シャンプーを使い、頭を垂れて洗うようにします。
シャンプーが体の炎症部を通るのを防ぐようにしましょう。
石鹸は使ってもよいですが、よく泡立てて手で洗うと刺激が少なくてよいです。
お風呂上がりは早めにスキンケアをするようにしましょう。
入浴後は皮膚の乾燥が早いので、早いに越したことはないです。
スキンケアは何でもよいですが、無添加な乳液や化粧水、クリームを使うようにしましょう。