アトピーとごま油

油にもサラダ油、ごま油、オリーブオイルなどさまざまな種類があります。
アトピーによい油と悪い油があるのをご存じでしょうか。

ごま油はオメガ6という種類の油なのですが、これはリノール酸に分類され、アトピーにはよくありません。
リノール酸は科学の発達により、低コストで生産される油のため、大量生産されて、市場に出回っているわけですが、アレルギー促進作用があり、喘息や炎症の原因となります。

べにばな油やひまわり油に比べてリノール酸の割合は少ないとはいえ、アトピーを悪化させる要因となるでしょう。
現代の日本人は油を摂り過ぎている傾向にあります。

油は体内の活性酸素と結び付いて、過酸化脂質を作り出します。
老化の原因となったり、生活習慣病のリスクも高めます。

さらには皮膚の炎症を引き起こすため、アトピーが悪化するというわけです。
比較的悪影響のない油はオリーブオイルを使うとよいでしょう。

若干値段は高めですが、低コストな油は体にも悪いことを覚えておくとよいでしょう。
健康のために油を見直してみてみましょう。