腸内細菌を育てる

体の免疫力を高めるのに最も有効な方法は腸内細菌を育てることです。
健康の基本は腸と言われる程、腸をいうのは大事な役割を持っています。

以前花粉症を治すのにヨーグルトが注目されましたが、ヨーグルトに含まれる乳酸菌は腸内の善玉菌を増やす効果があり、アレルギー性疾患に強い体質をつくることが出来ます。

アトピーもアレルギー性疾患ですから、腸を強くすることでアレルギー反応を起こしにくくすることは可能なのでしょう。
腸内細菌がどのような働きを持っているか考えてみたいと思います。

人間の腸壁には数百種類もの腸内細菌が存在しています。
腸内細菌には乳酸菌などの善玉菌やウェルシュ菌などの悪玉菌に分類されます。

また日和見菌というどっちつかずの中間菌も存在するのですが、この中間菌は善玉菌にも悪玉菌にもなり得る存在です。
中間菌は腸内環境が悪化すれば悪玉菌になるため、総体的に悪玉菌の数が増加します。

腸内細菌は人間の消化、吸収、代謝を手助けをする他、細菌などの外来菌に対抗するための抵抗物質を作り出します。
またコレステロールなどの有害物質を体外へ排出したり、発ガン性物質を無毒化する働きも持っていて、私たち人間の健康を支えてくれます。

もちろん免疫力とも密接な関係を持っており、外部から侵入したウィルスも退治してくれます。
この他アトピーの症状を抑えてくれる副腎皮質ホルモンが作用するにも腸内細菌の働きが必要になります。

一方悪玉菌が増えると、体内で発ガン性物質などの有害物質を産出し、さまざまな病気を生み出す元となります。
また悪玉菌の増殖により、アトピーなどのアレルギー性疾患を悪化させるともいわれます。

さて肝心の善玉菌を増やすにはどうすればよいかというと、まず食物繊維を多く摂取することです。
食物繊維は野菜や果物に多く含まれていますが、体内の老廃物を排出するうえで重要な働きを持っています。

また食物繊維は善玉菌の栄養源になるので、善玉菌の繁殖を促進してくれます。
最近話題のごぼう茶は食物繊維が豊富なお茶でダイエットやデトックスにも効果を発揮してくれるのでおすすめです。
詳しくはごぼう茶のデトックス効果をご覧ください。

また甘いものはなるべく控えることです。
特にチョコレートは善玉菌を死滅させるばかりかアトピーのかゆみの原因であるヒスタミンを放出させます。

また砂糖などの糖質は皮膚を正常な状態に保つビタミン群を消費してしまうため、皮膚トラブルの元になります。
それからなんといってもヨーグルトなどの発酵食品を積極的に摂取してください。

これらは直接腸内の善玉菌を増やす効果があり、腸内環境の改善に最も有効です。
腸内環境が正常化されれば、アトピーだけでなく花粉症などにお悩みの方にも効果があります。

何より食生活の改善が腸内をきれいにして体質を変える有効な方法です。
腸内環境を整えて、アレルギーに強い体作りをしましょう。