赤ちゃんアトピー

一般的に赤ちゃんのアトピーに見られる症状として、頭部の湿疹から始まり、顔、首、体、手足と次第に下降していくことが多いです。
比較的早い段階からこういった症状が見られ、乳児湿疹がなかなか治らずアトピーと診断されることがあります。
湿疹は生後半年ぐらいがピークのようですが、ピークを過ぎると徐々に改善し、1歳頃には治っていることもあります。
赤ちゃんアトピーの主な原因は卵などの食べ物アレルギーですが、生後半年ぐらいには抗体も陽性となるため、アトピーも改善していくようです。
乳幼児期はジュクジュクとした湿潤肌の他、皮膚の乾燥、耳切れになるケースが多く、治ったり悪化したりを繰り返します。
乳幼児のアトピーは免疫機能が出来あがっていないことによる食べ物アレルギーの他、環境、遺伝などさまざまな原因が複合的に絡み合っています。
医師の診断にも違いがあるようですが、生後半年になるとアトピーと診断されることがあります。
病院で処方されるのはステロイド剤です。
塗るとすぐに症状が改善するようですが、止めるとまた湿疹が出てきます。
個人的にはステロイドは一時的に使用してもよいと思いますが、どうしてもかゆみが治まらないとき以外は使う必要がないと思っています。
赤ちゃんアトピーは大人のアトピーと違って免疫機能が改善すれば治癒します。
それまではスキンケアや環境整備を行って対処していくべきです。
赤ちゃんにも使える保湿剤を紹介していますので、参考にしてみてください。